新着情報

2017.10.27

スガジャズダンススタジオ LOVE STAR企画より お知らせ!!! ドキュメンタリー映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会および、CE-5コンタクト イベント開催!!!

 

皆さまこんにちは!國友悠一朗です。

来たる11/5に、新潟県弥彦にて、スガジャズダンススタジオLove Star佐藤春雄が企画し、皆さまにイベントをご提案します。

ドキュメンタリー映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会および、CE-5コンタクトイベントについて、何故?このようなイベントを企画・主催をするのかということを、以下に佐藤春雄よりお伝えさせていただきます。

長文になりますが、ぜひとも、ご一読をいただけましたら幸いです。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

<この企画への想いについて>

私が初めて新潟に来たのは13歳の頃。何も知らずに降り立った新潟平野から遠くに見える角田山を見て「早くあの山に帰りたい」と嗚咽した事を覚えている。
15歳の時、ある出来事をきっかけに不可思議な出来事が続いた。
夢枕に立つ白髪の老人が、夜な夜な私を連れて行く先は、人が亡くなった後に行く世界や天界と呼ばれる世界。時には宇宙に連れ出した。細かにその世界の成り立ちなどを説明され、時には宇宙が構成される元素の説明までに及んだ。

この出来事をきっかけにもう一つ起こり始めたのが「UFO」との遭遇だった。
彼らがテレパシックに私の意識に直接話しかけてくる、本来あるべき人間の生き方や地球の在り方。

中学から高校にかけて起こったこれらの出来事は、今でも私の精神性のベースになっている。

「世界雛形論」と言うのがある。色々な預言者によって語られたこの話しで有名なのは出口王仁三郎が話したとされるそれだ。
世界の縮図は日本である、と。アメリカ→北海道、ユーラシア大陸→本州、オーストラリア→四国、アフリカ大陸→九州、ニュージーランド→淡路島、など。
世界で起こる事は日本で起こり、日本で起こる事は世界で起こる。
では、世界の縮図である日本の、日本の縮図である場所、中心地は?
昔、人智学協会のある先生が、日本の霊的中枢は京都を中心として、高知と新潟である、と言われた事がある。この話を聞いた時、宇宙が時が来るまで秘め続けた秘技を理解している人が自分以外にも居たと、心小躍りした事を覚えている。

詳細説明は省くが、日本を圧縮して行くと、そこには日本の霊的中心であるとされる新潟がある。
そして、世界の雛形が日本で、日本の雛形が新潟とするならば、新潟の中心地はどこに位置するのか、考えてみると、そこには弥彦山と、角田山に行き着く。

広く新潟平野が広がるそこにポツンと突然切り立つ2つの山。
ここが世界の中枢である、と先の白髪の老人が私に説明される。この2つの山が全世界の陰と陽、男性性と女性性、太陽と月、対極を成す2つの要素の象徴である、と。
そして、この山は、メキシコのポポカテペトル、と、イシュタクシュワトル、と連動し、世界を構成する2元素を司る、と。
大胆な話しであり、何の証拠もない話しである。
が、それがここ近年、この事を裏付ける様な出来事が立て続けに起こり始めている。

今年の夏にグレゴリーサリバンさんに初めてお会いした。
話もした事がない椅子に座る彼を遠くから見て、彼がやられている事は「大元の神」が計画されている役割の一つなのだ、と直感で感じ、弥彦山、角田山の麓で、彼を呼んで集まりを何時か開きたい、という思いに至った。

今回、新潟の弥彦で行われる集まりは、小さなアクションであるが、次に繋がる大きなエネルギーのウネリを生み出すキッカケとなるのではないか、と考える。
その大切な貴重な時間を一緒に共有する方々とはどの様な人たちなのだろう?

そして、このアクションは今回だけに留まらず、第2回目の「角田山」でのアクションへと繋がって行く。

この今回のアクションが、ただ単に自己を満足させるだけの貧弱なものでは無く、世界の人々が平和で争いの無い未来に誘われる為のきっかけ造りとなる、そんなエネルギーを生み出す為の後押しとなるアクションとなります様に。
それを願いながら集う事が出来たなら、そのアクションはきっと現実となるでしょう。
それこそが、私たちの兄弟姉妹である地球外生命体たちの願いでもあり、この思いを私たちが持ち始めた時、まさしく彼らと「リンク」出来るものと信じています。

11月5日、新潟の弥彦でお会いできる事を楽しみにしております。

<弥彦山の謂れ>

その昔、日本には伊夜比古の神(イヤヒコの神)と言う神様がいた。
ある時、霊夢により、天照大神(アマテラス)から神命を受ける。
天照大神(アマテラス)が天界から聖なる剣を地上に下され、それを伊夜比古の神に托す。
この宝剣を神武天皇に納め、国を平定せよ、と。
伊夜比古の神の手によって納められた宝剣の霊力により、今の日本が平定されたとされる。
弥彦神社に祀られる主神の物語である。
この話から、弥彦山の峰は別名御剣の峰、とも言われる。

国を平定した後、神武天皇はこの国が神に守られ何時までも平和である様に、儀式を行う。
この時の儀式に使われた神具は、霊力を帯び、生身の人間では耐えられないものとなった。
神武天皇はこの神具を弥彦山に埋葬し、納めたとされ、今でもその神具はこの山に眠っている。
この謂れにより、弥彦山に連なる山を多宝山(多くの宝が埋められた山)と呼ぶ事になる。

▼11/5イベントページはこちらから
https://www.facebook.com/events/147256639221433/?ti=icl

<佐藤春雄プロフィール>
スガジャズダンススタジオ全国プロジェクト企画運営、スピリチュアル部門LoveStar企画担当、演出・脚本家。52歳。
幼少期より不思議な体験を重ねる。13歳の時より新潟に移住。この頃より導かれる様にしてスピリチュアルの道を歩み始める。
インド渡航歴100回以上。その経験から現代のスピリチュアルリズムの次なるステップを提唱。
現在インドの聖典ヴェーダの朗唱を広めながら、真実への探求を続ける。

戻る

ページの先頭へ